チューニングバイブル
HOME >  チューナーアドバイス  > チューニングバイブル

NRマジックはJMCA(二輪車用品連合会)発足当初より加盟しております。
これにより、最新の法令基準を把握し高度なテスト基準を設ける事も可能となって
おり、常に安心して製品をご使用いただける自社開発・生産の利点を活かした
製品作りを行なっております。

騒音規制値 詳細はこちら 認証制度詳細はこちら
雑誌「MOTO-MOTO」にて全国のオートバイユーザーへ向けて情報発信を開始しました!!
皆さんも是非参考にしてください。

パワーフィルターについて見直してみよう!!

パワーフィルターは比較的安価なパーツですので、気軽に交換されている事が多く見られますが皆さんはこのパーツの性能や及ぼす影響についてじっくり検証した事はありますか?
以前にもBESTセッティングを追求するには、パーツをどんどん交換するのではなく個々のパーツの性能を見極め、データ取りをし、バランスをとる事が大切だとお話しましたよね。それは勿論パワーフィルター交換時にも必ず行っていただく事をお勧めします。

「パワーフィルター」についてですが、このパーツを装着されている大多数の方がセッティングに苦しんでおられるようで、頻繁に質問を伺います。パワーフィルターを装着すると、高速も低速もパワーダウンする可能性が高いです。では、何故パワーダウンしやすいかを説明します。

パワーフィルターはノーマルクリーナーよりも、低中速回転での空気抵抗が減るかもしれません。しかし、クリーナーの容量がかなり少なく、入口が近いため、高速時にはチョーキングという現象が発生し、ガスが濃すぎる症状を起こしやすく、低速時にはジェット類のセッティングは合っているが中高速時では合っていない事や、逆に高速では合っていても低中速では合っていない等のようなケースが起こります。

また、クリーナー容量が小さい為その時の気温・天候・気圧によりジェット類が不安定になります。
単純に言えば、朝合っていても夜合わないような状態です。

このような場合、簡単に合わせるならやはりノーマルクリーナーを使用するのが一番だ と思います。

チョーキングとは、 キャブレターに直接手でフタをしたような症状が起きる事。

 より高性能や高度なセッティングテクニックを求めて用いている方法として代表的なものを挙げます。
①:エアクリーナーはノーマルでスポンジを交換
②:クリーナーを外す

どちらも確かに間違っていません。

①の場合.....スポンジを目の粗い物にしてテストしましたが、ジェット類は若干大きくなりますが、それ程のパワーUPは得られませんでした。

②の場合.....確かにクリーナーを外してしまうのが低速から高速までトルクも上がり一番パワーUPします。
しかし、埃(ホコリ)の付着やエンジンの耐久性について気になる方もいるでしょうし、この場合最高の性能を出すにはレース用オートバイのように、セッティングを四季や天候に合わせて変更しないといけないのが、面白い反面、面倒でもあるでしょう。

どちらも全ての方に向いている方法とは言い難いですね。そこで、当社で模索した「ノーマルクリーナー加工によるパワーUP術」を皆さんにご紹介しましょう。

ノーマルクリーナー加工によるパワーUP術
・吸入通路を全体的にリュ-ターやヤスリで削り、大径にする!!


これがスポンジはそのままでも簡単にパワーUPする便利な方法です!!

クリーナーの外側に穴を空ける方法もありますが、穴を空ける位置を間違えると逆効果になりますので、これはまたの機会にお話する事にしましょう。

パワーフィルターの装着・クリーナーを外す・スポンジを外す・加工する....
これまでに述べたどの場合にもメインジェット等は交換の必要があります。

メインジェットの変更は不慣れな方にはまた大きなハードルとなり、セッティング゙の難関でもある訳ですが、クリーナー等を変更すると、必ず必要な事です。

以上の事からお分かりいただけると思いますが、パワーフィルターの装着は、簡単なようで実は難しい大きな存在なのです。セッティングが出し難いので、データを取り、バランスの取れたセッティングを施してやらないと遅くなりやすいとという事です。

パーツ1点でも全体に及ぶ影響というものが、想像以上に大きかったのではないでしょうか?

NR製商品のマニュアルに、
「必ずフィルターやベルトをノーマルに戻してからセッティングを行ってください」
とお願いしている理由はこの事からです。何度も繰り返しますが、パーツ交換は必ず1点ずつ交換し、データを取って下さい。

そうする事によって何が原因で思い通りにならないのかが分かってきます。手間ですが、これがBESTを見つける為の確実な最短距離だと思います。

データを取ることは、今後バイクを乗り換えた時にも応用して役立ちます。私も長年のデータと経験があるからこそ、こうして皆さんにお話できるのですから。

  • 検索条件Search condition

    選択しているカテゴリー

    パーツ名・マフラー名

  • 業者様専用ページ

    ショッピング
    お取引の流れ 初めての業者様はこちらからどうぞ

JMCA(全国二輪車用品連合会)
HPでは規制数値や政府認証制度についての最新情報をご確認頂けます。