チューニングバイブル
HOME >  チューナーアドバイス  > チューニングバイブル

NRマジックはJMCA(二輪車用品連合会)発足当初より加盟しております。
これにより、最新の法令基準を把握し高度なテスト基準を設ける事も可能となって
おり、常に安心して製品をご使用いただける自社開発・生産の利点を活かした
製品作りを行なっております。

騒音規制値 詳細はこちら 認証制度詳細はこちら
雑誌「MOTO-MOTO」にて全国のオートバイユーザーへ向けて情報発信を開始しました!!
皆さんも是非参考にしてください。

キャブセッティングについて進めていこう!!

前回までは、マフラーを含め頻繁に交換され易いパーツの注意点や駆動系セッティング・データの取り方など、初歩的な内容から進めてきましたね。今回からはもう少し進んで、キャブレターやプラグについて検証していきましょう。

スクーターでもミッション車でも同じ事が言えますが、大抵のスクーターはミッション車より駆動系が自動変速のため、駆動系のセッティングがかなり影響を及ぼします。
(その為の基本が前回までの内容になりますので、分からなくなったら読み直してくださいね。)
しかし、スタイルを変更したり改造を進めて行くとなれば必ず難関であるクリーナーを外したり、交換する事や本当のエンジン特性を若干変化させて行く事になります。

そして、よく「マフラーを交換したらメインジェットを交換しないといけないんじゃないんですか?」
と、言われますが、基本的にクリーナーを変えない限りジェット類の変更は必要ありません。

何故か?と言えば、排気の抜けが良くても、キャブより前のクリーナーが詰まっていてはメインジェットを大きくする意味がありませんよね。お分かり頂けましたか?

よくチャンバーのマニュアルにメインジェットを大きくして下さいと書いてあったりするのはレース用の高回転チャンバーで、常に高回転を使う事により燃焼温度が上がるのを防ぐ為や、トルクを稼ぐ為の物です(しかし、それをするとやはり回転が上がるのが重かったりするとは思いますね)。

私がよくするセッティングを出すやり方を説明します。
キャブのセッティングを進めていくには、駆動系はベストセッティング状態で触らず、
ノーマルクリーナー&ノーマルキャブレター使用時の自分のデータ「加速」「加速感」「最高速」「出足」などが必要不可欠な要素となります。
これを基にしてパワーチューニングを進めていきます。


まずジェットの位置から見て行きましょう。
キャブレターをエンジンから外します。そして、逆さまにして(メーカーにより違ってきますが)2~4本のプラスネジを緩め、カバーを外すとジェット類が出てきます。
真中になる1番大きなゴールドの真鍮製のネジがメインジェットです。その隣がパイロットジェットのネジです。

また、ジェットニードルはキャブレターのスロットルバルブピストンの中に入っています。
ニードルジェットは分かり難いですが、ジェットニードルの外側に来るパイプの側面に穴が空いた物です。
位置的に言いますと、メインジェットを外したその奥に存在します。外し方は沢山のバイクを触っていると分かるんですが色々有りまして、ネジになっている物から、差し込んである物まで様々にあるから最初のうちはマニュアルを見てやったほうが良いでしょうね。

今まで書いた物はレーシングキャブだと色々セッティングパーツも存在するんですが悲しいかな、ノーマルキャブだとメインジェットやパイロットジェットは販売されていてもニードルジェットやジェットニードルなどはあまり販売されていないのが現状ですねぇ。(その場合はビッグキャブにチャレンジしてみてくださいね)

パワーフィルターでは無く、クリーナー無しでの説明の例ですが、要領は同じ事です。

クリーナーを取外して走行する場合

(装着マフラーや、ノーマルクリーナーの構造特性で違いは出てきます)は、まずクリーナーを外した次にする事は、ジェット類の交換です。メインジェットやニードルジェット又はジェットニードルやパイロットジェットを番号を1,2~1、5倍前後大きい物に交換します。
例)ジェットニードルはそのままでノーマルのメインジェット番号が#90なら→#120位、
ノーマルのパイロットジェット番号が#25なら→#35位 を目安とします。
こんな感じで交換後、乗ってみてノーマルクリーナーでのデータと比較します。

判断の目安としては次の通りです。

ガソリンが濃い時

トルクはあるが回転の上がりが鈍く、回転も上まで回っていかない症状が出ます。

ガソリンが薄い時

フケは軽いがトルクが無く、空回しだとエンジンは回るが実走ではトルクが無いので回転が上がっていかない。

※ジェット類にはそれぞれ違った役割があります。メーカーにより名称が違ったり
データのバラツキは多少ありますが目安と考えて頂くなら次の通りです。

・メインジェット 主に高速域、アクセル開度 約3分の2~全開までに影響。 番号の大きい方がガソリンが濃い。 ・ニードルジェット 主に中速 アクセル開度 約3分の1~5分の4に影響。 番号の大きい方がガソリンが濃い。 ・ジェットニードル 主に中速 アクセル開度 約3分の1~5分の4に影響。 番号の大きい方がガソリンが薄い。 一般的には5段~4段の溝が切ってあるクリップが上に行くとガソリンが薄い。 下に行くと濃い。 ・パイロットジェット 主に低速域 アクセル開度 全開~約5分の2までに影響。 番号の大きい方がガソリンが濃い。

簡単な確認の方法

キャブレターはこのように高速・中速・低速とバラバラに示していますが、実際にセッティングを進めて行くと高速にトルクを集める場合などは、メインジェットを極端に大きくしたりもします。
その場合は、パイロットジェットやジェットニードル等を極端に小さくしたりします。

キャブレターのジェットはトータルでイコールにする事でセッティングのバランスが合って来ます!!

例えば「最高速より出足から低中速までの加速をもっと良くしたい!」
こんな場合は、ニードルジェットやパイロットジェットを大きくしてメインジェットを小さくしていき
1番走る所を探す様にしていきます。ようは一部を強調したい場合は、通常使うセッティングが合っているジェット類よりトルクの出すスピード域を限定して、ジェットを一部大きくすると
他のジェットを小さくしていきます。

以上を参考にして、低速~高速までトータルバランスを考えて自分の好みや、走らせる場所などに合わせてセッティングを進めていきましょう。
エンジンの持っている性能を最大限に発揮するのはキャブレターセッティングで大幅にアレンジが出来ますよ。

次回からはエンジンや車体の共通部品や流用等を使い、自分で改造できる範囲を広げて考えていきましょうね。

  • 検索条件Search condition

    選択しているカテゴリー

    パーツ名・マフラー名

  • 業者様専用ページ

    ショッピング
    お取引の流れ 初めての業者様はこちらからどうぞ

JMCA(全国二輪車用品連合会)
HPでは規制数値や政府認証制度についての最新情報をご確認頂けます。