エジソン中里の開発記録
HOME >  チューナーアドバイス  > エジソン中里の開発記録
エジソン中里の開発記録

原チャリと言えばマフラーカスタムはマストだが、最近は、騒音問題、排ガス規制などの問題により
排気系チューンが楽しみづらい状況にある。
さらにマシンの4スト化も進み、マフラー交換だけではパワーを獲得しづらいこともあり、
マフラーカスタムの勢いは劣えをみせつつある。
そんな状況に待ったをかけようと、立ち上がったのがNRマジック代表のエジソン中里だ。
NRマジックと言えば、モトチャンプ杯以前からミニバイクレースで名を馳せ、現在も老舗マフラーメーカーとして
第一線で活躍を続ける第一人者。
誰よりも早く静かで速いマフラーにも着目しリリースするなど、新たなブームを開拓していくフットワークの軽さも
人気の秘密だ。

そんなエジソン中里が、装着して楽しくなる4スト用マフラーを作りたいと
考案したのが今回紹介するリードバルブを活用するアイデア。

排圧が高まる高回転域のみでリードバルブが開き、排気効率をアップさせるのが狙いだ。
確かにこれならスタート時の音量増大もある程度妨げるし理にかなっている。
実はこれ、16年も前からエレガント中里が温めてきたアイデアで、 今回ついに実際のテストに投入されるのだ。
というわけで、現在は試作品が完成した段階へ。
これからリード部の硬さなども含めリリースに向けて本格的なテストをスタートする。

  • テストはとりあえず2パターン!

    メインパイプの横にサブ的な扱いでリードパルプを装着するのが
    当初の構成。
    しかし、それだけだとつまらないと考えたエジソン中里は、
    メインパイプを排除しリードパルプのみとしたタイプも制作。
    これらをベースにバルブの硬さなどのテストを繰り返していく。

リードブロックの形状も変更!

前回から改良が加えられ、形状変更されたニュータイプのリードブロック(右)。
単純に形状が変わっただけでなく、リードバルブ自体が動かないように溝を設けるなど、
製品化に向かって着々と進行中。

テストは4ストのJOG-ZRで行う。
ベースとなるマフラーは3ジェットの独特なテール形状を
採用したNRマジックのVジェット。

これをベースにバルブ付きのインナーパーツが組み込まれる。

どんどん出てくる改良案!完成に向け、様々なテストを敢行!

ミニバイクをベースに、長年マフラー界のトップブランドとして業界をリードするNRマジック。
その代表を務めるエジソン中里が考案し、20年近くも前から特許を得ているというリードバルブ内蔵のニュータイプマフラーの完成までを紹介する。
今回は組み込まれるリードバルブの形状も変更。さらに、メインの排気排気パイプを削除し、リードバルブのみとなった別タイプも製作して実際にテストを行ってみた。

まずは従来通りのメインパイプ付きをテストしてみたのだが、どうやら排圧が抜けすぎてしまっているのか、
低速からの加速が鈍く、エジソン中里がイメージした性能には程遠い結果に。
それならばとメインパイプなしタイプを装着してみると、排圧がしっかりとかかり低速からの加速は良くなったものの、
リードバルブが常に開いてしまっているのか、求めている高回転域でのさらなる加速を得るまでには至らなかった。
そして最後に、メインパイプなしモデルでリードバルブの枚数を3枚に増やしトライ。
しかし、これも加速が鈍ってしまい狙った性能には程遠い結果となってしまった。そこでテスト時間がタイムアップ。

つまり今回のテストは不完全燃焼に終わったわけだが、驚きのアイデアを早速具現化し、実走テストにまで持ち込むフットワークの軽さはさすがエジソン中里。
しかも今回の不完全燃焼で、やる気&好奇心に火が着いたのか、テスト終了後も新たな改良案がどんどん出てきちゃって一同ビックリ。「次はバッチリだよ!」
というエジソン中里の言葉を信じて、次回のテストに期待する

  • 2.遂に完成!リードバルブは2枚設計!果たしてその実力は!?

    排圧によって、何枚組み込むかを検討していたリードバルブは、
    エンジンテストにより、2枚に決定。
    製品版は、硬さを調整した1枚仕様となる場合も考えられるが、
    とりあえず、これでテストします。

  • マフラーはVジェット!



    特徴的なテールエンドが人気を集めるVジェットをベースに、 リードバルブ付きのパイプを組み込んでテスト。

  • リードバルブのみで排気!



    当初はリードバルブ付きのパイプとメインパイプの2本で排気を行う予定だったが、性能を追求していった結果、排気パイプはリードバルブ付きのみの1本に決定。

ついに完成品に試乗!!性能はどんなもんじゃい!?

原チャリ用マフラーのトップブランドとして長年業界をリードするNRマジックのエジソン中里が、今から20年前近く前に考案し、特許も得ているというリードバルブ内蔵マフラーを実際に作る開発記録。ついに完成しました。

前回までにあらかた構想は固まっていたんだけど、排圧を調整するリードバルブの硬さやメインパイプの有無などは未決のまま。完成に向けて張り切るエジソン中里が1ヶ月もテストを繰り返し、仕様が決定いたしました。

まず、エンジンを掛けてみると、4ストらしく、しっかりと重低音が効いていて、
前回のテストよりも音質はさらに向上。
エジソン中里に聞いてみると、どうやらVジェット特有の3本構成の排気パイプ径を拡大したからだそう。
これはもともと静かさも人気のNRマジックマフラーだからこそ可能な改良だ。

実際にアクセルを開けスタートすると・・・・、ノーマルの加速とは段違い。
低速からぐいぐいスピードに乗っていきます。4スト特有のマイルドさが一変、トルクフル!
さらにそこからスムーズに加速していき、60km/hを超えたあたりからの伸びも素晴らしい。
グゥーと車体を車体を押されるように加速し、メーターの針は完全に振り切り状態。

実際には測ってないけど、体感では70km/h以上は出てるはず。もちろん、高回転域でも音量はバッチリ静かなのでご安心を。 という訳で、見事性能アップを見込めるマフラーが完成したわけですが、乗り手がヘボかったからか、実際にリードバルブが生み出す効果を体感するまでには至らず・・・・・。
でも、トルクは出てるし、高回転の伸びも素晴らしいので、効果はあると思われます!

ついに完成した車両を試乗し、エジソン中里もご満悦。これをベースに、製品化へと動き出す模様です。
値段は未定、発売は3月頃かな~と笑顔を浮かべるエジソン中里の頭の中には、
次なるニューアイテムのアイデアが 湧き上がっているみたい。
気になる所ですが、これにてリードバルブ内蔵マフラー計画はいったん終了。
次なるエジソン企画は近日スタート!?

  • 検索条件Search condition

    選択しているカテゴリー

    パーツ名・マフラー名

  • 業者様専用ページ

    ショッピング
    お取引の流れ 初めての業者様はこちらからどうぞ

JMCA(全国二輪車用品連合会)
HPでは規制数値や政府認証制度についての最新情報をご確認頂けます。